Wedding Style Book

会場装花

Summer Forest

サマーフォレスト〜初夏の爽やか木漏れ日ウェディング〜

[ メゾン プルミエール・アットロビンズ様 ]

今回ご紹介するのは恵比寿のメゾンプルミエールアットロビンズ様での会場装花。
閑静な恵比寿の高台に建つ素敵な式場です。
外からは少しわかりづらいのですが、入ってみると自然光が差し込む広々とした明るい空間で、屋上にチャペルスペースもあって、とても気持ちのいいところでした。

メゾンプルミエールアットロビンズ様にはなぜかご縁があって、この春何度も会場装花の設営で伺いました。
いずれも新郎新婦様からの直接のご依頼なので、本当に偶然の一致。
でも明るい雰囲気でナチュラルな装花がぴったりの会場なので、kukkaテイストが似合う会場かもしれません。

今回も摘んできた野の花を生けたようなナチュラルスタイルの会場装花に仕上げました。
大きな木のディスプレイ、ガラスボトルに丸太、イルミネーションと、最近の披露宴で人気のスタイルをぎゅぎゅっと詰め込んでいます。

ポイントは高砂の両サイドに飾った大きな木。
明るいグリーンのドウダンツツジは爽やかで新緑の季節にぴったり。
お二人を写真で撮った時に背景にグリーンが見えるように、枝をアーチのようにあしらっています。
高砂の後ろが白い壁の場合でも、木を置くとぐっと華やかになるのでオススメです。
今回はさらにイルミネーションも渡して温かな光もプラスしました

メインのテーブルアレンジは高さの変化をつけてこんもりと。
白バラやグリーンをメインに、マトリカリアやグラスペディアなど黄色い花や紫のライラックを合わせました。

ゲストテーブルもぽってりした大小のガラスの花瓶にざっくりと花を飾って自然体な雰囲気に。
丸太のスライスを使った装花はkukkaでも最近とても人気のスタイル。
ナチュラルな雰囲気が出せるのはもちろん、白いテーブルクロス&ガラスの花瓶の間に置くだけで、メリハリがつきます。

この丸太は知り合いに無理を行って、木を調達してもらいカットしてもらった涙ものの逸品。
こういうのってなかなか手に入らないんですよね。
樹皮のガサガサした感じや、ひび割れなど味があってとても良い雰囲気です。

天井からはイルミネーションを垂らしてロマンチックに。
イルミネーションを、使った装飾は外国のウェディングなどでよく見かけますよね。
会場に光が灯ると温かな雰囲気になって、ぐっとリラックス感が増しますね。

挙式はグリーンたっぷりの屋上で。
快晴でとても気持ちのいいお天気でした。
チェアフラワーには最近人気のかすみそうの花束を。
ガラスの祭壇には内側に寄せ植えのようなアレンジを生けています。
後ろの植栽と重なってちょっとわかりにくいのですが、全面ガラスという珍しい祭壇に合わせて作りました。

Category

Decor, Green, Natural, White, Yellow

Share

Popular Gallery Menu