Wedding Style book

会場装花

Little Garden

リトルガーデン〜かすみ草と野の花のガーデン風ウェディング〜

豊洲にあるCAFE HAUS(カフェハウス)さんへお届けしたブーケと会場装花。 カフェハウスさんは大きな窓から自然光がたっぷり入り、外の青々としたグリーンが見えるとても気持ちのいい空間です。 そんな自然を感じる空間に合わせて、かすみ草やマトリカリアなど小花とグリーンをたっぷり使ったナチュラルな会場装花に仕上げました。

こちらの会場はロフトや倉庫のように天井が高く開放感があるカジュアルな空間。 今回はその天井の高さを生かして、海外のおしゃれウェディング写真等で見かけるような、天井から花束を垂らすディスプレイを行いました。 上からお花やグリーンを吊るす装花は、天井の高い会場ですと空間のアクセントにもなってとても効果的です。

完成された空間であるホテルやゲストハウスと違って、こういった展示会や結婚式用のレンタルスペースも兼ねた会場は、天井も含めておふたりのご希望に合わせて自由に装飾できるのも魅力の一つです。 天井の花束はグラスペディアや千日紅など水につけていなくても長持ちするお花や、そのままドライフラワーにできるお花やグリーンを使って作っています。

またスモーキーなテイストも少し入れたかったので、少しだけドライフラワーなどもプラス。 ユーカリやローズマリー、ラベンダーなどのハーブやクリスマスリースにも使われる針葉樹も使っているので、森林浴のような癒やされる香りも魅力です。 こちらの花束はパーティー終了後にゲストの方へのプレゼントとして差し上げました。

ウッディなゲストテーブルにはアンティーク風のボトルに、庭から摘んできたような野の花をざっくり生けて飾りました。 花瓶はあえてサイズや形の違うものを数個並べて、カジュアルな雰囲気に仕上げています。 今回は長テーブルに2~3箇所お花のポイントを作りましたが、真ん中にずらっと一列ボトルを並べるスタイルも素敵です。

レトロ感のあるブラウンが人気の薬品瓶、通称メディシンボトル(メディスンボトル)と錆びたフレームがいい味を出してきた花瓶を合わせたバージョンも。 最近kukkaでは野の花をざっくりとガラス瓶に入れるスタイルがとても人気があるため、こういったボトルや花瓶を色々とご用意しています。
花束には白と黄色のマトリカリアや白いスカビオサ、かすみそうなど野の花をイメージさせる小花にローズマリーやミントやユーカリ、ラベンダーなどのハーブを加えています。 薄いグリーン&ブルーの再生ガラスを使った花瓶はカジュアルな雰囲気が魅力。

また丸太の輪切りに花瓶を置いたスタイルもナチュラル感がよりプラスされて少し高さも出るのでオススメです。 アネモネやスカビオサ、ラベンダーなどパープル系の色もアクセントカラーとしてプラス。 黄色と紫という補色の組み合わせも、お花同士ならしっくりくるから不思議です。

今回のメインテーブル装花はお二人の席の周りにアンティーク風の小物にたっぷりのかすみ草やナチュラルな花束を飾ったkukkaでも人気のスタイル。
今回はテーブルがありますが、テーブルを置かずに椅子やソファだけにするのも人気です。

高砂の向かって右側はヴィンテージ感のある木製の脚立をメインに、ワインの木箱や鳥かご、額縁、流木などをディスプレイ。 そして向かって左側には、アンティークな窓枠とフレームに鳥かごとブリキのジョウロ、丸太やランタンなどをディスプレイ。
これらのシャビーな脚立(ウッドステップラダー/はしご)やフレームは蚤の市で仕入れてきた、お気に入りの逸品です。ペンキが剥げかけていたり金具も錆びていたりしますが、このジャンクなテイストが魅力的です。
これらの小物にふわふわとした大きなカスミソウの花束を一緒に飾りました。 ナチュラルテイストブームのおかげで、カスミソウのブーケや装花は最近とても人気です。 ホワイト×グリーン×ブラウンだけだとちょっと寂しい印象もあるので、ワンポイントとして黄色のマトリカリアやパープルのラナンキュラスの花束や背の高いユーカリの枝などを一緒に飾っています。

今回使った脚立や窓枠などのディスプレイ小物は全てkukkaの備品です。 会場装花をご依頼いただいた方にはリーズナブルな価格でお貸し出ししていますので、レンタルご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

最後の写真は一緒にお届けしたナチュラルなウェディング用クラッチブーケ。
マトリカリアにスカビオサやスプレーバラを使い、子供のころ野原で摘んできたような白い千日紅(白だけど名前は紅あせる)、黄色いまん丸のグラスペディア、薄いグリーンの丸い風船のようなお花、グリーンベルを加えました。
アクセントとして多肉植物をプラスし、それにユーカリ、ローズマリー、コニファーなど香りのいいグリーンをたっぷりと。 秋のウェディングなのでフレッシュなグリーンというより少しスモーキーなシルバーグリーンをセレクトしました。

Category

Antique, Decor, Green, Natural, White, Yellow

Share